eitoeiko

facebook youtube

Exhibition/展覧会


UPCOMING EXHIBITION

吉田有紀
Look for the Silver Lining
2020年10月10日〜10月31日

頃より皆様には大変お世話になっております。eitoeikoでは2020年10月10日より10月31日まで、吉田有紀による個展「Look for the Silver Lining」を開催いたします。 吉田は線や円、平面や立体といった美術における原始的な構造を見直す手法によって自身の芸術観を表してきました。両親ともに現代美術作家であった家庭で素養を育みながらも、日本画という領域を研究することにより別の角度から美術と美術史を検証し、視覚芸術の分野を探求しています。 展覧会タイトルは1920年にアメリカでミュージカルのために発表された同名の楽曲を用いています。当時の不況のなかで、歌詞では逆光の中で銀色に浮かぶ雲の輪郭を、希望の兆しととらえています。不況で先の見えない時代に記された歌は、現在に響いてくるように感じられます。 本展ではすべて新作の六角形の平面作品と、立体作品を展示いたします。皆様のご高覧をお待ちしております。

Yuki Yoshida, Silver Lining, 2020

吉田有紀(1971年神奈川生まれ)
1997 多摩美術大学大学院修了/2000 五島記念文化財団新人賞によりスレード・スクール・オブ・ロンドンに学ぶ/カオスとコスモス FEI ART MUSEUM 2020/空間との対話 鎌倉ドゥローイングギャラリー 2020/META2019 神奈川県民ホールギャラリー 2019/武蔵野美術大学非常勤講師

吉田有紀
Look for the Silver Lining
2020年10月10日〜10月31日

オープニングパーティー
10月10日(土)17時〜19時

関連イベント Look for the Silver Liningを聴く
10月25日(日)17時30分〜19時30分
出演:岩見淳三(ギター)、伊勢秀一郎(トランペット)
料金2,000円 ※予約制。一部録画配信を予定しています。

そのほか、関連トークイベントを数回予定しています。開催の際は録画配信もいたします。詳細はウェブにて告知していきます。ご期待ください。

【プレスリリース(日本語)】

Yuki Yoshida
Look for the Silver Lining
October 10 - October 31, 2020

eitoeiko is pleased to announce a solo exhibition 'Look for the Silver Lining' by Yuki Yoshida. This show is his fourth exhibition with eitoeiko. Yoshida creates his world with simple shapes such as circles and lines. His faintest gradation in the dark space represents a way of Japanese painting, as well as his favorites, a paint technique for plastic model of Gundam. Yoshida attempts to combine old and new expression in Japanese history of art.
Look for the Silver Lining is a musical song written by Jerome Kern and lyrics by B.G. DeSylva in 1920. In the recession of those days, the song was a message of positive thoughts. At the time today, it also seems to be a cheering song for us. At the show Yoshida will show a series of hexagon paintings and sculptures.

Yuki Yoshida, Silver Lining, 2020

Yuki Yoshida
Born in Kamakura, 1971. Received his M.A. from Tama Art University, Tokyo, 1997. Studied at Slade School of London in 2000 with Goto scholarship. Recent exhibitions include Chaos and Cosmos, Fei Art Museum, Yokohama, 2020, Dialogue with space, Kamakura Drawing Gallery, 2020, META, Kanagawa Prefectural Art Gallery, 2019. Teaches as a lecturer in Musashino Art University.

Events
Look for the Silver Lining in Jazz
October 25, 5.30PM-7.30PM
Junzo Iwami(g) and Shuichiro Ise(tp)
Fee 2,000JPY *reservation is required, a part of live will be recorded and will show on internet

Other talk sessions will take place in the gallery. Check the updated information in internet.

Yuki Yoshida
Look for the Silver Lining
October 10 - October 31

【Press Release(English)】

Remain in Light
相川勝
2020年9月18日〜10月3日
【KYOTOGRAPHIE SATELLITE EVENT KG+】

Remain in Light
Masaru Aikawa
September 18, 2020 - October 3, 2020
【KYOTOGRAPHIE SATELLITE EVENT KG+】

PREVIOUS EXHIBITION

天覧美術
岡本光博、木村了子、小泉明郎、鴫剛、藤井健仁
2020年6月2日〜6月27日 ※過密を避けるため会期を一週間延長しました

日頃より皆様には大変お世話になっております。eitoeikoでは6月2日より6月20日まで、5名の作家による展覧会「天覧美術」を開催いたします。

KUNST ARZTプレスリリースより

KUNST ARZTでは、VvK(アーティスト・キュレーション)展覧会の27回目として、岡本光博キュレーションによる「天覧美術 / ART with Emperor」展を開催します。
「令和」という新しい時代を迎え、改めて天皇制を考察する企画です。
流麗なイケメン日本画で知られる木村了子は、独自のリサーチから、禁断のタブーをモチーフにした「菊福図」の最新バージョンを、 通奏低音として天皇制と対峙し続ける小泉明郎は、情念と鬱積した想いがあふれ出す初期の映像作品を、 孤高の細密描写表現者として知られる鴫剛は、本展の為に新たに彩度調整を施した「ピンクの国会議事堂」と米軍と共存する一場面を、 人体、地球の構成成分、文明の礎・・・鉄という素材の本質を考察する藤井健仁は「昭和」「平成」という時代を映し出す二人の首を叩き出し、 そして、本展キュレーターでもある岡本光博は、「世継ぎと金継ぎ」を掛けた新作と「あいちトリエンナーレ<表現の不自由展>」を受けて、改めて隣国との関係性(ルーツ・・・)も考察した新作を発表します。 SNSによる一億総監視状態の不寛容な現代だからこそ、あえてアートとしての可能性を問いたいと考えています。
本展は、5月22日〜31日に御所編をKUNST ARZTにて開催し、その後、皇居編を6月2日〜20日にeitoeikoに巡回します。

(KUNST ARZT 岡本光博)

【プレスリリース(日本語)】

ART with Emperor
Okamoto Mitsuhiro, Ryoko Kimura, Meiro Koizumi, Goh Shigi, and Takehito Fujii
June 2 - June 27, 2020

eitoeiko is pleased to announce five artists exhibition ART with Emperor. The exhibition is curated by the artist Okamoto Mitsuhiro.
The exhibition focuses on the Emperor system in Japan, in Reiwa era. Ryoko Kimura, the artist is known by her Japanese painting of good-looking man, releases the brand-new version of a series of Happy Chrysanthemum paintings. Meiro Koizumi, who faces the Emperor system as the figured base in his life shows his early video work. Goh Shigi, the legendary elaborate painter depicts the Diet building in Japan and the US army in over-saturated pink. Takehito Fujii handles iron as a fundamental material of a civilization. His sculptural portraits represents the both of Showa and Heisei era. And Okamoto Mitsuhiro, the curator of the exhibition, updates the heir system and indicates the relationship between Japan and the adjacent country which might be one of our origin.
The exhibition aims the confirmation of the possibility of art in the intolerance era.

桜を見る会
石垣克子、岡本光博、硬軟、島本了多、フランシス真悟、李晶玉、柳井信乃
2020年4月4日〜4月25日 ※展示再開2020年5月26日〜5月30日

日頃より皆様には大変お世話になっております。eitoeikoでは4月4日より4月25日まで7名の作家によるグループ展「桜を見る会」を開催いたします。 本展では、1952年より例年新宿御苑にて行われてきた同名の親睦会が昨年をもって中止となったことに鑑み、その灯火を絶やさぬよう美を愛する作家たちが集い、桜をモチーフとした様々な技法の作品を通じて古来から続く日本の美しさを考察します。 あるいは、聡明な鑑賞者は可憐な花弁の裏側に見え隠れする政治家と反社会勢力との関わり、腐敗や「募ってはいるが募集はしていない」といった特殊な語法に感づいてしまう方もいるかもしれません。皆様のご高覧をお待ちしております。

石垣克子…1967年沖縄県生まれ。沖縄県立芸術大学卒業。基地のある風景 eitoeiko 2018/今もゆれている 横浜市民ギャラリーあざみ野 2018/基地のある風景II eitoeiko 2019/シルサンサ(韓国)にレジデンス滞在 2019

岡本光博…1968年京都生まれ。滋賀大学大学院修了。セレブレーション スターリ・ブロウヴァル ポーランド ロームシアター京都/美少女の美術史 北師美術館 台湾/あいちトリエンナーレ表現の不自由展・その後/来るべき世界:科学技術とAI、人間性 青山学院大学 以上2019

硬軟…千葉大二郎(1992年奄美生まれ。多摩美術大学卒業。東京芸術大学大学院修了)によるアートユニット。BARRACKOUT 2016-17/漂白する私性、漂泊する詩性 横浜市民ギャラリー 2018/来るべき世界:科学技術とAI、人間性 青山学院大学 2019

島本了多…1986年東京生まれ。多摩美術大学卒業。生前葬 eitoeiko 2016/DEDAZO(メキシコ)にレジデンス滞在 2018/復活祭 eitoeiko 2019/美少女の美術史 北師美術館、台湾 2019

フランシス真悟…1969年サンタモニカ生まれ。Art Center College of Design(パサデナ)修了。Subtle Impressions MISA SHIN GALLERY 2019/Miyuki Yokomizo&Shingo Francis Lee&Bae Gallery 2019-20/ART MACAU 2020/LIGHT|SPACE ウイリアム・ターナー・ギャラリー 2020

李晶玉…1991年東京生まれ。朝鮮大学校研究員修了。朝鮮大学校美術科非常勤講師。VOCA2020奨励賞受賞。在日・現在・美術II eitoeiko 2016/境界を跨ぐと 東京都美術館 2017/VOCA2020 上野の森美術館 2020

柳井信乃…東京芸術大学大学院修了。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート修了。ロンドン大学スレード校博士課程在席。藪を暴く TOKAS本郷 2019/創生と技巧 ポーラ・ミュージアム・アネックス 2019/東京ビエンナーレ 2020

協力:MISA SHIN GALLERY

【プレスリリース(日本語)】

Cherry Blossom Party
Katsuko Ishigaki, Okamoto Mitsuhiro, Kounan, Ryohta Shimamoto, Shingo Francis, Ri Jong Ok and Shino Yanai
April 4 - April 25, 2020

eitoeiko is pleased to announce seven artists exhibition Cherry Blossom Party. The inaugural cherry blossom viewing party in Shinjuku Gyoen park had been hosted by the Prime Minister of Japan, from 1952. However, in 2020 the government has decided not to be held. The exhibition reminisces the previous party with various aspects of cherry blossoms and celebrates the vintage and authentic Japanese sense of beauty. Alternatively, the artists indicate behind the cherry blossom. Knowledgeable viewers may find the smell of the corruption, the hidden relationship with the politician and antisocial forces, and may find the peculiar words such as 'We are looking for but not wanted'.

Katsuko Ishigaki B.1967, Okinawa. Received BA Okinawa Prefectural University of Arts, 1991. Landscape with Base, eitoeiko, 2018/ Uncertain Landscape, Yokohama Civic Art Gallery Azamino, 2018/ Landscape with Base II, 2019/ Residency at Sirisansa, Korea, 2019

Okamoto Mitsuhiro B.1968, Kyoto. Received MA Shiga University, 1994. Cerebration, Stary Browar, Poznan, Poland and Rohm Theatre Kyoto, 2019/Bishojo, MonTUE, Taipei, 2019/ After Freedom of Expression, Aichi Triennial, 2019/ The Shape of Things to Come, Aoyama Gakuin University, 2019

Kounan Art Unit by Daijiro Chiba, B.1992, Amami. MA Tokyo university of Arts, 2016. BARRACKOUT 2016-17/ Immersed Identity/Drifting Poetry, Yokohama Civic Art Gallery 2018/ The Shape of Things to Come, Aoyama Gakuin University, 2019

Ryohta Shimamoto B.1986, Tokyo. Received BA Tama Art University, 2009. Living Funeral, eitoeiko, 2016/ Residency at DEDAZO, Mexico, 2018/ Festival of Ressurection, eitoeiko, 2019/ Bishojo, MonTUE, Taipei, 2019

Shingo Francis B.1969, Santa Monica. Received MA Art Center College of Design, Pasadena, 2017. Subtle Impressions, MISA SHIN GALLERY, 2019/ Miyuki Yokomizo & Shingo Francis, Lee & Bae Gallery, 2019-20/ ART MACAU, 2020/ LIGHT | SPACE, William Turner Gallery, 2020

Ri jong Ok B.1991, Tokyo. Received MA Korea University. Lecturer of Korea University. Awarded VOCA Encouragemen, 2020. Zainichi, the present and the art II, eitoeiko, 2016/ Across the Border, Tokyo Metropolitan Art Museum, 2017/ VOCA 2020, Ueno Royal Museum, 2020

Shino Yanai Received MA Tokyo University of Arts and Royal College of Art. PhD Slade School of Fine Art, University College London(presense). Exposing the bushes, TOKAS hongo, 2019/ Creation and Technique, Pola Museum Annex, 2019/ Tokyo Biennial, 2020

Cooperated with MISA SHIN GALLERY

【Press Release(English)】

安田早苗、五箇公一
だれもあのこをとめられない
2020年1月11日〜2月1日

日頃より皆様には大変お世話になっております。 eitoeikoでは2020 年1月11日より2月1日まで安田早苗、五箇公一展「だれもあのこをとめられない」を開催いたします。本展では、情報社会の炎上を生物の観点から眺めたとき、同様の現象が存在していることに注目します。 国立環境研究所に在籍し外来昆虫の防疫を担当する五箇公一は、昆虫の移動がしばしば他の生物の行動を媒介してもたらされ、結果的に地域的な生態系の変化を引き起こすことから、国内の保全として外来昆虫の駆除や知識の啓蒙に従事しています。 本展では個体の同定資料ともなる様々な種類のダニをコンピュータで描いた絵画を展示いたします。安田早苗は制御が不可能で、持続性のない花粉の飛散と移動について、昆虫との類似性などを平面と立体作品を通じて表現します。 真偽不明の情報の拡散に翻弄されることに対しても、生物のタフな生存能力との格闘から学ぶことができるのではないでしょうか。展覧会タイトルは安田の発案で「い・け・な・い ルージュマジック」からの引用となっています。 オープニングでは、五箇公一氏、鷲田めるろ氏を迎えて安田早苗と鼎談いたします。皆様のご高覧をお待ちしております。
Sanae Yasuda, Red Oak 3(East of Eden), 2019

Koichi Goka, Apis mellifera and Varroa destructor

安田早苗(1968年滋賀県生まれ)
1990 滋賀大学教育学部美術科卒業(鴫剛研究室)/1992-93 Circulo de Bellas Artes de Madridに学ぶ/2001-05 種をまくプロジェクト 京都、滋賀を中心に開催/2007-15 芽が出るプロジェクト 東京・町田市を中心に開催/2018 個展 種をまく人 eitoeiko /2019 個展 よそもんの花 茶ろん坪六(滋賀)/種をまくプロジェクト上映会 Gallery+Cafe blanka(名古屋 あいちトリエンナーレパートナーシップ事業)

五箇公一(1965年富山県生まれ)
1990 京都大学大学院農学研究科昆虫学専攻修士課程修了/1990-96 宇部興産宇部研究所農薬研究部研究員/1996- 国立環境研究所地域環境研究グループ研究員/2006- 同環境リスク研究センター主席研究員(室長)

安田早苗、五箇公一
だれもあのこをとめられない
2020年1月11日〜2月1日

オープニングトークイベント 五箇公一 presents 燃えるダニナイト「だれもあのこをとめられない」
1月11日(土)16時〜19時
五箇公一氏によるダニトーク 16時〜18時
  五箇公一×安田早苗×鷲田めるろ 18時〜19時
料金2,000円

会期中のイベント
Looking Ahead vol.8 山田岳/ギター
1月19日(日)13時30分開場 14時開演
料金2,000円

【プレスリリース(日本語)】

Sanae Yasuda, Koichi Goka
No One Can Stop That Girl
January 11 - February 1, 2020

eitoeiko is pleased to announce No One Can Stop That Girl by Sanae Yasuda and Koichi Goka. In an information-oriented society, we can easily see a flaming in the internet. From a biological viewpoint, there is a similar situation in our real world. Koici Goka, a researcher of National Institute of Environmental Studies, works for prevention of epidemics. Goka makes a series of computer-graphics of various kinds of mites, sarcoptes and acarines. Sanae Yasuda attempts to handle a problem about proliferation, Yasuda indicates the uncontrollability and unsustainabiity of the pollen, especially the pollen of canola flowers. Both have congenial characters, such as the dispersion. The exhibition shows the vitality of the small insect and flowers, and it might help us to indicate the possibility of prevention in the internet.

Sanae Yasuda (B.1968, Shiga)
1990 MAE from Shiga university, Shiga/ 1992-93 Studied at Circulo de Bellas Artes de Madrid/ 2001-05 Sowing Project, Kyoto, Shiga and other places/ 2007-15 Sprout Project, Tokyo/ 2018 solo exhibition, The Sower, eitoeiko/ 2019 solo exhibition, Alien Flowers, Shiga/ Sowing Project screening, Gallery+Cafe blanka, Nagoya, in conjunction with Aichi Triennial

Koichi Goka (B.1965, Toyama)
1990 MA from Kyoto university, Kyoto/ 1990-96 Researcher of Ube Industries/ 1996- Researcher of National Instituteof Environmental Studies (NIES) /2006- Office manager of NIES

Talk session with Yasuda, Goka and Washida
January 11, 4PM-7PM
Fee 2,000JPY

Looking Ahead vol.8 Gaku Yamada/Guitar
January 19, 2PM-5PM
Fee 2,000JPY

Sanae Yasuda and Koichi Goka
No One Can Stop That Girl
January 11 - February 1
【Press Release(English)】